どんな使い方をするのかな

>

レンタルスペースの使い方ってどんなのがあるのかな。

独りで練習

レンタルスペースという仕組みが庶民でも使えるようになってどれくらい経つのでしょうか。
当初は、広い会議室を持てない企業さんや講座やセミナー開催などが主流ではなかったでしょうか。
しかし、終身雇用が崩壊し個人としての生活や働き方の変化によって、個人の方やノマドワーカーのような方々が、利用することも多々あるように思うのですがいかがでしょう。
また、ネットなどで公表することに抵抗がある映像や映画の鑑賞会にも機材が適していれば可能になるのではないでしょうか。
そして、一番、重要なのは、雑音が入りづらいということではないでしょうか。
密談とまではいかなくても、雑音が入らず、集中力を削がれず、この場でのやるべき事柄に没頭することができることが一番のメリットではないでしょうか。
周囲の雑音が気になって、集中できないという言い訳ができない状況に自分を追い込むには、もってこいでは?

一人を満喫

何もレンタルスペースを利用するのは、集中した仕事に使い事柄だけとは限りませんよね。
机に向かって勉強する自習室もあるけれど、スペースを借りることという意味では同じかもしれないですね。でも、大きな紙を広げて制作したり、誰にも邪魔されないで、制作できる空間という目的でも利用することもできますよね。もしかして、そんな使い方をしている人、すでにいるかもしれないですね。大量に切り取った写真をコラージュする作業なんかも自宅でだと、家族の邪魔が入って作業が進まないことがあるかもしれないですが、レンタルスペースだと、作業効率が悪いのは家族のせいにできないから、もしかするとスムーズに作業ができるかもしれないですね。
単身でも、一人でコラージュなど、自分だけの時間を生活空間とは別に設けると、新たなアイデアや作品を作ることに繋がるかもしれないですね。



TOPへ戻る